解体前の家の片付け・不用品処分はどうすれば良いの?いくらかかる!?賢くお得な片付けの方法を教えます!

家屋の解体・取り壊しを予定されてる方は、中に残っているものの処分はどうすれば良いのか?と悩んでいる思う方が多いかと思います。

日本人はものを捨てない、更にものを持ちすぎる傾向があるため、解体前の家は基本は不用品やゴミで溢れている事が多いです。

「こんな沢山のゴミ…どうすれば良いの…?」と悩んでいる方へ、今回は解体前の片付けに関する、様々な賢い選択肢をお伝えしたいと思います。

解体時に家の中にものを残したままでも良いのか?

そもそも残したままで解体業者に引き渡すのはアリなのか?ですが、残したままで大丈夫です。

意外と知らない方も多いのですが、解体業者は中の残置物の処理も請負してくれます。

また、ご自身で全部捨てるのは難しいかと思います。特に大きな家具などは捨てるのも大変なので、置いておくことしかできません。

ただ、家の中にものが残っているとその分処理費は発生してしまいます。

残置物処理にどこくらいの費用がかかるのか?

気になるのがその費用ですよね。

残置物の処理にかかる費用はどうやって計算されるのかですが、

  • 残置物の量
  • 残置物の種類

によって値段は変わってきます。

基本は量で計算

処理費用は基本的には量で計算します。
解体業者や片付け業者に頼むと、トラックにゴミを入れて持っていってくれるですが、その廃棄量がトラック何杯か?で業者は残置物処分料を計算しています。

例えばトラック1杯分が5万円だとすると、業者の見積もりで「この量なら3杯だな…」と思ったら残置処分費用は、15万円という計算になります。

リサイクル料金が必要な家電(エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫等)は、別途費用がかかる

処理費用は基本は量とお伝えしましたが、処分するもので、エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫等は、法律でリサイクル料金が発生するため、別途費用がかかります。

各家電のリサイクル料金はこちらのページにまとめられています。

上記のリサイクル料金にプラスして手間賃を含んだ料金が別途見積もりされます。

家電はご自身で捨てられる場合は、捨てると残置物処理の費用が安くなりますのでオススメです。

片付けは解体業者  or 片付け業者に頼めば良いのか?

解体前の家で中のものを処分する時に、一括で解体業者に頼んだほうが良いか?
それとも片付け専門業者に頼めば良いのか?

解体までするなら解体業者に頼んだほうが安くはなることが多いとは思います。
ただ一概には言えないので、気になる方は相見積もりを取るのが一番でしょう!

片付け業者の特徴

片付け業者の多くは、残置物で売れそうなものは自社で売ったり、リサイクルショップへ売りに行くことが多いです。

そのため、一つ一つ確認しながら処理するので、割と丁寧にものを扱ってくれます。

また、売れるものがあればその分を買取し処分費用から引いてくれる事があります。

解体工事業者の片付けの特徴

解体業者

解体工事業者は基本的には捨てることしないので、片付け業者のようなサービスはないです。

捨てるものに対して執着がない、捨てられれば何でも良いという感じなら解体業者にそのまま任せてしまっても良いかと思います。

残置物は売れる可能性が高い!片付け前に専門業者(骨董屋・リサイクルショップ)にも聞いてみよう

片付けを始める前に、まずは残置物で売れるものがあればご自身で売ったほうが良いです。

古い家を解体するなら骨董屋・古道具屋に声をかけよう

先程片付け業者は買取してくれるところもあるとお伝えしましたが、片付け業者は特に骨董品など古いものの査定は得意ではありません。
古い家を壊す時は、片付け業者に頼む前に必ず骨董業者に頼みましょう。
何でも鑑定団のような番組に出てくるようなすごいお宝なんてないから…と思って捨ててしまう事を考えてる方もいると思いますが、買取できる古いものは想像以上に幅が広いです。
確かに何十万円もするようなお宝が出てくるお家はほとんどありませんが、残置物で数万の査定金額が付くことは普通です。

それぞれのものを適切な業者に頼むことで、残置物量も減り高価買取につながります。

家の中に何か古いものが残ってる場合は、必ず骨董屋を呼びましょう

特に骨董や古いものは専門性が非常に高い分野で、一般的な感覚では全く理解ができないようなものが売れる業界です。
片付け業者やリサイクルショップの買取するものは、「使える・綺麗・新しい」などが基準なので素人目でもわかるような買取できるものの見当が付きますが、骨董品や古いものに関してはゴミにしか見えないようなものが売れることが多いです。

必ず片付ける前に業者を呼びましょう

ある程度片付けてから骨董屋を呼ぶのではなく、まだ何も片付けに手を出していないような状態で呼ぶ事が大事です。驚くようなものを買い取ってくれる事が多くあります。

「ゴミ屋敷で恥ずかしい…」「汚い家の中を見られるのが恥ずかしい…」と思って予め片付けてしまってから業者を呼ぶ方が多いのですが、買取業者からするとある程度片付けてしまった家は、買取できるものが少なくなってしまう事が多いので、ものが多い家 = ゴミ屋敷 のが骨董屋は喜びます。

ゴミ屋敷
すっきり片付いた家より、ものが多いゴミ屋敷のが買取業者は喜びます!

どこに何を売れば良いのか?以下を参考にしてください

  • 貴金属 → 質屋・ブランド品買取屋
  • 古い器・古い家具など→骨董屋・古道具屋
  • 古書や専門性の高い本 → 古本屋
  • 近代的で実用性のある家具や家電 → リサイクルショップ

貴金属などの金や銀などは、基本レートがあるので、どこに持ち込んでもそこまで大幅に値段が変わるものではありません。
骨董屋は貴金属も買取できるので、骨董品もあるお宅は貴金属も一緒に骨董屋に買い取ってもらうことで手間が省けます。

解体前の片付けで一番最適な順番はコレだ!

残置物を売る時に呼ぶ業者の順番が非常に重要です。
リサイクルショップは買取できる幅は広い(骨董品も買取する)のですが、最初にリサイクルショップを呼ぶと、骨董品の金額は適当な金額しか付けられないので、まずは骨董屋を最初に呼びましょう。

1.古い家ならまずは骨董屋や骨董買取業者に査定を頼む

築60年以上経ったお家に残っている残置物は、骨董市場で価値のあるものがある可能性が非常に高いです。
特に、蔵のあるお宅、商店やお店など昔商売を営んでいた場所などは高価買取ができる可能性があります。

東海エリアで骨董品・古いものの買取なら当店にお任せください!上記のお品は買取品のごく一部です。買取の幅の広さと高価買取&丁寧な対応をお約束します。

2.次にリサイクルショップに査定を頼む

骨董屋・古道具屋が買い取るものは古いものなので、新しくて綺麗なものはリサイクルショップにお任せしましょう。
東海エリアですと有名なのがキンブルですね。かなり色々なものを買い取ってくれますし、買取金額も良心的です。

3.ここで片付けを行う

売れるものを全て売った後は、思う存分片付けましょう。自分で捨てられるものがあれば捨てたほうが処分費用は減ります。

4.片付け業者や解体業者に頼む

捨てられるものを全部捨てた後に業者に見積を取ってもらいましょう。

5.解体

解体業者

最後に解体です。おつかれさまでした。

上記の順番が最も賢く、お得に片付けができる方法です!

是非解体を考えてる方は、参考にしてみてください!

LINEで簡単問い合わせ

お電話